慈悲庵発足について

トップページ > 慈悲庵について > 慈悲庵発足について

慈悲庵について

慈悲庵発足について

慈悲庵設立趣意書について
社会福祉法人慈悲庵の設立趣意書です。
クリックしていただくと拡大表示したものを
ご覧いただけます。
趣意書
慈悲庵誕生の経緯
発足1
一人の老人との出会い

終戦後間もない昭和二十四年、まだ戦争の爪痕が強く残る浜松で、初代理事長 影山学氏と、一人の老人が出会うところから慈悲庵の 歴史は始まります。当時建設業を営んでいた影山氏。ある上棟式の帰り道、山の中腹にある壕(戦争中敵から身を守るために掘っ た溝や穴)の入り口でその老人と出会います。 その老人から「浜松市は戦災により人口は三分の一に減り、各所の壕や橋の下などで生活を営む者が数知れない」と聞いた影山氏は、「たとえ三坪のバラックでも何とかいたしましょう」と約束をし、その日は帰途についたのでした。

発足1
社会のために恩返しを

家に帰り、妻にこの出来事を話したところ、妻もこれからは社会のために恩返しをしたいという思いを告げ、宿所提供を行うことに賛成しました。妻の協力姿勢も確認できたことから、影山氏は建設業を辞め、夫婦共に未知の世界であった社会福祉事業に足を 踏み入れることを決意しました。 そこから影山氏は鴨江町に土地を確保し、私費で『庵』と称する小さな建物を二棟建て、約束通り、入居第一号に壕の入り口で出会った老人を迎えます。昭和二十五年五月五日、これが慈悲庵の始まりであり、宿所提供施設 浜松希望寮の礎であります。

『社会福祉法人 慈悲庵』の誕生

その後影山氏は、引き続き私費で九棟の建物を増設し、戦災者、生活困窮者などのために宿所提供を続けました。こうした運営を していくうちに、国から社会福祉事業に該当することが認められ、社会福祉法人として認可されることとなります。 最初の『庵』を建設し、宿所提供を始めてから約四年の月日が経とうとした頃でした。昭和二十九年二月一日、こうして「社会福 祉法人 慈悲庵」は発足いたしました。

“慈悲庵”という名前について
発足1

『慈悲』という言葉を辞書で調べると、
1.仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が人々をあわれみ、楽しみを与え、苦しみを取り除くこと。
2.いつくしみ、あわれむこと。なさけ。
と記載されています。庵に集う人々の苦しみを取り除き、生きる楽しみ・幸せを感じてもらいたいという初代理事長の願いが法人 名には込められています。 また、法人の初期の頃は『福祉』という言葉は浸透しておらず、『慈悲』という言葉のほうが周囲の理解が得やすかったことも命 名の理由です。 当法人の名前を聞いて、宗教的なイメージを受けられる方もいらっしゃると思いますが、そのようなことはございません。

社会福祉と慈悲庵の沿革
発足1
『慈悲庵』誕生と『老人福祉法』の誕生

社会福祉法人となる前に、現在の浜松希望寮にあたる宿所提供施設を設立したのが当法人の始まりです。浜松において宿所提供を 始めた第一号であり、この道においての開拓者となれたことを嬉しく思います。 社会福祉法人として認可された数年後には、老人福祉法が制定施行されました。そこで、当時社会問題化していた老人問題に対応 すべく、お年寄りが安心した老後を過ごせることを願って、老人福祉に特化した施設の設立を試みました。 その第一号として、昭和四十五年四月、都田に措置入所を対象とした、養護老人ホーム 九重荘を設立いたしました。こちらの施設 では県下初となる、一人暮らしのお年寄りを対象とした食事提供サービスも開始しました。九重荘を設立した九年後の昭和五十四 年四月には、九重荘の隣に、介護老人福祉施設 第二九重荘を併設、そしてそのまた八年後の昭和六十二年九月には特別養護老人ホー ム 白萩荘を設立いたしました。

発足1
『介護保険法』の制定と居宅サービスの充実

平成九年になると、介護を社会全体で支える仕組みとして、介護保険法が制定されます。介護保険法が導入されたことで、利用者 の方が自由に介護サービスを選べるようになり、サービス提供者と契約を結んで介護サービスを受けるという形に変化していきま した。当法人も、介護保険が導入される以前より、施設運営と平行して、居宅介護事業に力を入れていたため、この経験が居宅介 護サービスにおける大きな基盤となりました。今までの経験を活かしつつ、さらにお年寄りに求められるサービスを充実させるた めに、この頃より第二九重荘・白萩荘へ、居宅介護支援事業所・居宅介護サービス事業所を順次開設していきました。

発足1
時代に対応した新たな試み

さらに、平成十三年になると、高齢者の居住の安定確保を図るための法律、「高齢者居住法」が公布されました。これに基づき、 平成十六年に高齢者優良賃貸住宅 旭白萩、平成十八年に高齢者優良賃貸住宅 半田山九重の管理業務を開始いたしました。旭白萩、 半田山九重それぞれにも居宅介護支援事業所・居宅介護サービス事業所を併設し、お年寄りの生活の充実を図っております。 そして、平成十九年四月には、浜松市外に初めて施設を設立することとなり、特別養護老人ホーム 湖西白萩として、ユニットケア を導入した施設運営と居宅介護支援・サービス事業を湖西市にて展開中です。 このように、慈悲庵と老人福祉は、長い歴史と変化を常に共にしてまいりました。(詳しい沿革・事業内容については、ホームペ ージ内の慈悲庵について・各施設案内をご覧下さい。)

『社会福祉事業』と『助け合い』と『愛の心』
発足1
苦しい時代の中で

初代理事長が、この事業を始めてから、全てが順調に進んだわけではありません。〈慈悲庵発足について〉でも前述したように、 事業開始当時は、社会福祉法人としては認可されておらず、現在のように、老人福祉に関する法律も整っていませんでしたので、 国・県・市などからの援助は全く受けられませんでした。全てに関る費用は初代理事長の自己負担若しくは、自らが各所へ足を運 んで仰いだ寄付よりまかなっていました。社会福祉事業として、国や法律から保障がある現在とは全く状況は違いました。 さらに戦後という時代背景もあり、環境的にも金銭的にも苦しい状況下で、この事業を運営していくことはとても大変なことでした。

『助け合い』の精神

それでも、初代理事長がこの事業を続けてきたのには、ある強い思いがあったからでした。事業に対する対価や名誉はもちろん、 何かを得たかったからではありません。初代理事長を支えた強い思いとは、『助け合い』の精神でした。困っている人を助けたい という思いはもちろんですが、初代理事長自身も、皆に助けられているということを強く感じており、事業として成しているとは 捉えずに、『助け合い』をしていると捉えているのでした。社会福祉事業と認められた後も、この精神を忘れずに、現状に満足す ることなく、常に利用者の方々の幸せを一番に思い、より良くなることを考えていました。

発足1
初代理事長が伝えたいこと

介護や福祉といった言葉が定着し、法律も整った現在、私たちが展開している事業は、『社会福祉事業』と呼ばれ、一事業として 広く認識されるようになりました。しかし、本来この根底にあるものは『助け合い』であり、何かを期待して行うべきものではな いということを忘れてはなりません。そのことを別の言葉では『愛の心』や『善意』と表しています。そんな思いを貫いた初代理事 長は、次のような言葉を残しています。 「私の仕事を“福祉事業”とか、“社会奉仕”とか言うかもしれないが、私自身はそうした言葉で表現されるのを好まない。微力 で裸一貫の私だけでこのような仕事に取り組んでも満足な成果をあげることは到底できず、多くの人たちや団体の善意が、このよ うな組織に発展させたからである。私が誇れるものがもしあるとすれば、“人にも施設にも愛情だけは忘れず、持ち続けてきた” ことであろう。」

ページの先頭へ
社会福祉法人 慈悲庵
[ 社会福祉法人 慈悲庵 法人本部 ] 〒432-8023 静岡県浜松市中区鴨江三丁目 6番10号
TEL : 053-453-0167 / FAX : 053-452-5428
Copyright(C) JIHIAN All rights reserved.